株式投資の信用取引がややこしいので勉強しながら基本だけをまとめてみた

株式投資の信用取引がややこしいので勉強しながら基本だけをまとめてみた

 

株式投資の信用取引がややこしいので勉強しながら基本だけをまとめてみた

株投資を行っていく中で必ず必要な知識として信用取引があります。

ただ専門用語や分かりずらい仕組みですので色々と調べてみました。

 

信用取引とは

信用取引とは一定の保証金(委託保証金)を証券会社に担保として預け、証券会社から現金や株券を借りてそれを元手に株式を売買する取引です。

保証金の約3.3倍の取引ができ売りからの取引もできるので、下落局面でも利益を得ることが可能であり投資機会が増えるということが大きな特徴です。

信用取引にはお金を借りて株式を買付する信用買い株券を借りて株式を売却する信用売りの2種類があります。

どちらから始めても6ヵ月後には反対売買して差額を精算する信用決済現金や株券を用意して精算する現引き・現渡しの決済方法の選択になります。

さらに細かく言うと、信用取引の中でも制度信用取引一般信用取引日計り信用取引があります。

この辺りはまた別の記事で説明したいと思います。

 

分かりずらいのでまとめると、個人が証券会社に保証金(最低30万円)を担保として預けて、その担保の約3.3倍の資金(約99万円)を証券会社に借りて取引ができる仕組みです。

信用取引は買建や売建の両方から取引が始められる為、投資機会が増えレバレッジ効果(てこの原理)により手持ち資金で運用するよりも大きな利益を得る可能性があります。(その逆もあり)

 

信用取引のリスク

信用取引では委託保証金を担保として証券会社に預けています。

この証拠金に対して証券会社からお金を借りている為、最低保証金維持率を保つ必要があります。

最低保証金維持率は証券会社によって違いますのでご注意ください。

証拠金維持率は20~30%の間になっています。

詳しくは96ut.com玄人さんのページに載っていますのでご参考ください

96ut.com玄人さん

 

保有株で含み損が発生した場合、保証金の維持率を保つために追加保証金が必要になることがあります。

この追加保証金を追証といいます。

 

追証(おいしょう)とは

追証が発生した場合は、そのまま取引を継続するか、手仕舞いするかの判断を迅速に行う必要があります。

継続する場合は指定された期日までに追証を入金するかあるいは建玉を決済することで追証を解消しなければなりません

指定日までに追証が解消されなかった場合は、証券会社の判断により取引が決済されます。

証券会社の決済のタイミング次第で含み損が保証金額を超えていた場合は、証券会社にマイナス分を支払わなければなりません。

追証が発生して解消が出来ずに逆に資金がマイナスになる事が、個人投資家が株式投資を辞める一番原因です。

 

最後に

信用取引は非常にややこしくて色々な専門用語があり理解するのに時間がかなり掛かります。

  • 保証金の約3.3倍の取引が可能
  • 買建からだけでなく売建からも取引きできる
  • 最低保証金維持率が低くなると追証が発生する

以上の3点だけでも覚えてもらえれば初めの内は問題無いです。

私も信用取引では分からない事がありますので日々勉強してます^^

信用取引をで取引する際はリスク管理を徹底して取引するようにしましょう。

-投資,

© 2021 ハム忍ジライヤの自由な生き方を求めて Powered by AFFINGER5